オフィス移転は賃料に目を向ける

  • 業者がオフィス移転する時はデッドスペースに注目

    • 業者はオフィスビルのワンフロアを契約し、社員のデスクなどを設置して業務できるような環境作りを講じています。


      そのため、作業スペースが確保できれば間取りは気にしないという担当者が多いのですが、実は同一の面積であったとしても柱がある位置などが異なります。
      つまり、上手にオフィス移転の計画を練らなければ、全体の30%から40%も有効活用できないデッドスペースになってしまう恐れがあるのです。
      業者が借りる時の賃料というのは、契約する面積で決められる事から、現在のフロアよりも狭いもののデッドスペースが無い場所を選んでオフィス移転することで、賃料が節約できるようになります。



      こうした点から、これからオフィス移転を検討するのなら、使えていない空間を洗い出して把握し、常勤で働いている人々の人数を今一度計算し直してみましょう。
      ただし、節約することに目を向けすぎてしまい、全く余裕が無い最低限の面積しか確保できない状態だと、今後経営状況が良好になり従業員数が増加した場合などに対応できない場合があります。

      @niftyニュース情報選びをお手伝いするサイトです。

      また、定期的に人材が業者に参加してくるものの、すぐに他の業者に移ってしまうという場合はオフィスの居心地が悪い事が関係している可能性が捨てきれません。



      室内が暗い印象だと毎日出勤するのも気が向かないですし、パフォーマンスを発揮するのも難しいでしょう。

      特に、女性の場合はトイレの清潔さを重要視するので、オフィス移転の際はトイレにも目を向けましょう。


top